お客様の声 玄関のお花は僕の担当

『いや~~~あの時から玄関にお花を飾るのは僕なんだよ』

 

『え~~~っ??あの時って11月のセミナーですか?』

『そうそうあの時からハマっちゃってね・・・!』

 

2015年11月FBF という 藤沢にある異業種交流会の定例会でいけばなのお話と実体験というセミナーをさせていただきましたその時に体験していただいた方と久しぶりにお目にかかった時の会話なんです・・・・

 

びっくりでした。お玄関にお花を買って生けているそうです。

玄関にお花を飾るきっかけ

『うまく ないんですけどね、玄関が殺風景だと思っててね。瀬尾さんの話を聞いてあの時体験した花を置いてみて、その後はあ~~~自分でやってみようって始めたら、奥さんに「じゃあここはあなたにお願いするわね」って言われちゃってね!』

ですって・・・・

 

素敵なお花男子誕生していました!いけばなというとこんなふうなお花が床の間に。

難しかったり女性の嗜みとかのイメージが一般的ですよね?

でも実は、古くは戦国時代の武将が 上司へのおもてなしの心を届けるためにしつらえたことから始まっているのです。

 

活け花

嬉しい、幸せと言った想いや笑顔・幸せを届ける事ができるの。

それは皆さんご存知なはず。

 

だからね、お花を飾ることをとくべつな時だけでなく日常にちょこっとお花があったら家が心地よくなると想いませんか?

 

かれこれ10ヶ月も経って嬉しかったので書きました。

 

 

いけばなをする

暑い暑い夏ですが夏に強いお花を飾ったりたくさんではなく1本2本を愉しんでみると良いですよ、とお伝えしました。

 

暑い夏が終われば秋が来ますから、そしたら 秋のお花をかざりましょ!

 

日常にお花空間。忙しい生活にお花時間。

これが心穏やかになって仕事効率も上がるのですけど・・・・ね。

 

玄関に入り口におもてなしのお花を置く。

 

 

 

玄関に花をいける

家やお店がどんどん増えて2020年東京オリンピックまでに日本中が心優しいおもてなしの国になることを願っているのです。

 

 

お花男子のご紹介でした!

花でおもてなしをする

サイトメニュー

・ホーム

 > サブメニュー1 

 > サブメニュー2

 ・サービス

 ・お問い合わせ

株式会社サンプル名 

〒123-4567

TEL/FAX : 03-1234-5678 

E-mail: info@abc.jimdo